城東治療院の不妊治療

東洋医学に未病という言葉があります。 病気と言うほどではないけれど、病気に向かいつつある状態のことです。

現代社会にはご自身も気づいていらっしゃらない未病の方が多くいらっしゃいます。

未病の方は健康な方と比べると妊娠しにくい状態に陥っています。

元来妊娠は特別なことではなく健康な生活している男女が愛し合えば妊娠します。

城東治療院の治療は単に病気を治療するだけではなく、未病の治療にも力を入れています。治療の効果としては身体機能や免疫力を高め健康な体を作ります。健康な体を作ると妊娠しやすい体となります。

妊娠するには健康な体は勿論健全な生活が大切になります。


不妊症の原因

不妊症の原因は様々で、女性のみの原因が41%、男女双方に問題がある場合が24%、男性のみの原因が24%、原因不明が11%といわれています。


女性、男性それぞれの主な不妊原因

【女性の主な原因】

  • 排卵の問題
  • 卵管の問題
  • 子宮頚管の問題
  • 受精の問題
  • 着床の問題
  • 子宮内膜症
  • 原因不明不妊

【男性の主な原因】

  • 精子の機能障害
  • 精管の通過障害
  • 性機能障害

女性の場合最近では、特に年齢の問題による不妊症が増加しています。

妊娠率は35歳からだんだん低下して、40歳以上から特に下がります。

これには卵子の質の低下が関係しています。卵子は年齢を重ねるごとに質が低下し、これが妊娠率を下げ、流産率を上げる原因の1つとなっています。

女性の不妊症は、排卵の問題など卵子にかかわる原因がその多くをしめています。

AMH検査で卵子の状態を把握するなどして、特に卵子の質に気をつけるのがいいのではないでしょうか。


男性の場合では、精子の数が少ない、運動率が低いといった、精子の機能障害が全体の90%も占めています。

原因は主に精子の活動エネルギーをつかさどるるミトコンドリアの機能低下と言われています。

ミトコンドリアは、実は卵子の質にも大きな影響を与えています。

卵子の細胞分裂などはミトコンドリアをエネルギー源としています。

卵子の質、精子の質を、改善することが妊娠への近道なのです。


不妊に対する取り組み方

まずカウンセリングで西洋医学的な診断結果を参考にし中医学(東洋医学)の四診により、不妊の根本原因を見つめることから始めます。あなたの身体は(陰・陽・気・血・水)何が不足し、何が余っているかを確認し、体質的・精神的・時間(年齢)的など多方面から検討し、方針を決めて、不妊 鍼灸をスタートします。

鍼灸(はりきゅう)を施すことによって、女性としての能力を呼び覚まし、良好な子宮内の環境作りを目指していきます。城東治療院では、西洋医学・東洋医学双方の長所を活かして不妊対策に臨んでおります。

城東治療院の治療の素晴らしさは、無理な負担をかけずに妊娠できる体づくりが出来るところです。

長年不妊治療を受けていらっしゃる方で妊娠に至らない方も、子宮内環境は勿論のこと母体を整える鍼灸を行うことで、より妊娠しやすい体質になります。


健全な生活

1.食生活

食べる時間が決まっていない方。

食べる量が一定でない方。

偏食な方。 

好き嫌いの多い方。

この様な方は、バランスの良い食事と健全な食生活を取り戻せば、妊娠しやすい身体となります。 


2.睡眠

規則正しく十分な睡眠をとることが重要です。


3.運動

過度な運動ではなく毎日軽い運動続けるときれいな体になります。きれいな体イコール健康な体となります。健康な体は妊娠しやすい体となります。


4.過労

過労状態は母体の健康を優先するため妊娠に至りません。妊娠するためには過労に陥るような状態や環境は改善しなくてはいけません。


5.先天的体質

これは遺伝的要素によるものであり、後天的に改善のできるケースと難しいケースがあります。

男女とも特に女性が健康で健全な生活を送っていることが、妊娠する第一条件であるといえます。